3次元計測から3Dソリッド゙モデルリング|物から3DCソリッドデータ作成

三次元計測3次元計測データから3次元CADソリッドモデル作成

3次元CADのソリッドモデルとは

内容

ソリッドモデルは、コンピューターグラフィックスの立体表現手法のひとつ。
3Dモデルの形状を表面だけでなく、中身の詰まった固体。

立体の情報を持ったCADデ-タです。

頂点、稜線、面の情報を持っています。

3次元形状の幾何情報、位相情報を持ち、立体を完全に表現することが可能なモデル

部品間の干渉チェック、構造解析など、広い応用範囲を持っています

特長

ソリッドモデルは、サーフェスモデルとは異なり、 形状の中と外を幾何学的に表現するので、物体の体積、重量、重心の計算をおこなったり、断面を表示したりすることができる。

質量と中身が詰まった固体です。

物体の体積、重量、重心の計算ができます。

断面を表示することができます。

モデルの一部を切断したり、厚みのある物体を作成することができます。

計測点群データからの作成したソリッドモデル

曲率に沿ったフィチャ面(特徴面)で作成します。

サ-フェス面からソリッド面に変更することができます。

工業製品の加工デ-タ作成、構造解析等によく使用されます。

 

計測点群データを参照してモデリング方式作成で作成したソリッドモデル

機構部分はフィチャの演算で作成(ボス、ボア、スタット、リブ等)

個別に作成し、モデリングで1個の固体のソリッドモデルにします。

出力形式 パラソリット x_t x_b   ステップ stp