3次元計測から3Dサーフェスモデルリング|物から3DCサーフェスデータ作成

三次元計測3次元計測データから3次元CADサーフェスモデル作成

3次元CADのサーフェスモデルとは

内容

サーフェスモデルは、かたちを面のデータで表しています。

ワイヤーフレームモデルに面の情報を付加し形状を表現したモデル。

表面の情報を持ったCADデータです。

すべての面は四方向で構成されています。

量が比較的少なくて済むため、自動車のプレス分野から普及した立体の表現方法です。

 

特長

面の集合体によって形状を確定することができるが、中身という概念がないので体積、重量を求めることが難しい

境界表現は3次元空間における物体表面の境界を幾何学的に定義するものです。
パラメトリック曲面の「パッチ」を複数縫い合わせたメッシュ構造によって定義します。

表面形状のみで中は空洞の面デ-タです。

表面形状の解析、分析、検証等に利用できます。

プレス加工や工作機械用のNC(数値制御)データ作成向きのCADデータです。

 

計測点群データからの作成したサーフェスモデル

曲率に沿って連続的に繋がった面です。

手作りで作成した曲線、数値で表現できない形状等に向いています。

工業モデルの意匠面、美術工芸品等によく使用されます。

 

計測点群データを参照してモデリング方式作成で作成したソリッドモデル

機構部分はCADモデリングします。数値で作成(ボス、ボア、スタット、リブ等)

リバースエンジニアリングの自由曲面とモデリング面を融合します。

出力形式 IGES(igs)