製造業におけるライン作業について。

検品する

製造業と言えば、工場というイメージが強いと思います。

「製品造りは工場で行う。」基本では無いでしょうか。

工場の中で製品を工程毎に分別し、一つの製品を作り上げる事を「ライン作業」と言います。

ライン作業と言えば、単純作業であり、同じ事の繰り返しである事が多いです。

しかし単純でありながらも、非常に精密、精細であり、手先の器用さを求められる工程もあります。現在多い期間工等は、最初に適正検査を受け、向いていると思われる場所に人員配置される事が多いです。

常に同じ事を繰り返すのですから、どうやっても出来ない精密な工程でなければ、人間は反復して繰り返す事により、いつの間にか出来るようになるものです。

ですが、人間には「飽き」というものが付きものです。同じ作業ばかり一日8時間+残業を繰り返していれば、段々と嫌になって来るのが大抵の方がぶつかる壁だと思います。

正社員ならば、同じ工程だけでは無くて、機械に不具合が出たら修理しなければいけなかったり、派遣やアルバイトの人の指導をするために何処の工程も出来るようにしておかなくてはいけません。

しかし、バイトや期間工等は毎日単純作業の繰り返しに耐え切れず、リタイヤする人も少なくありません。ですが、それでも生活のために苦しいライン作業にも従事してくれている方々が沢山居るお陰で、大きな製品の一部が出来上がっていきます。

ライン作業は、「無くてはならない存在」であり、ラインでの「作業員の方々も、無くてはならない大切な存在」です。