製造業における、製品を運ぶために必要な「リフトマン」について。

リフトを運ぶ男性

製造業界は様々な業種が関連して最終的には一つの物を造ります。
そして、その製品を配送する物流業界がございます。

トラックに製品を積み込む際に必須なのが、「リフトマン」と呼ばれる職種です。

リフトと言いますと、一般的な「カウンターリフト」の他に、高い所の物を降ろすための
「リーチリフト」等、多種多様なリフトがございます。

その様なリフトを、正確かつ素早く動かすのが「リフトマン」と呼ばれる方々です。

製品によっては、自分でリフトで積み込み、トラックを運転して、顧客の元で自分で
リフトで製品を卸す事もございますが、本職のリフトマンは積み込み、積み降ろしをひたすら行う方々の事を呼称します。

リフトを運転するには、「フォークリフト技能講習修了証」を必要としますが、取得確率は95%であり、取得自体は優しい資格ですが、実務では相当の技術を要求されます。

もし、積み込みの際に製品を落としてしまったら、本日納品予定だった物が、全て不良となってしまい、顧客先のラインで使用する物であれば、そのライン自体が停止する事にもなり得ます。

ほとんどの場合、物流業界はスピードを要求されます。そうなると、リフトマンがスピーディーかつ精密に積み込みを行わないと、納品に間に合わなかったり、配送中に荷崩れを起こす原因となります。

その様な点でリフトの資格を取る事は比較的簡単ですが、企業の第一線で活躍されているリフトマンは、非常にハイレベルなスキルをお持ちの方々であると言えます。