製造業界に欠かせない「ドライバー」について。

トラック

 

製造業界では、製品を運送するトラックドライバーと言う職種が密接に関わってます。中型、大型、大型特殊等、様々な形のトラックがあり、乗るトラックにより必要な資格も変わってきます。

また、その日に帰れるルートドライバーであったり、中距離ドライバー、1週間以上かけて遠方へ製品を届ける長距離ドライバー等、その形は様々です。

しかし、製造業に関する精密機器等を配送するドライバーは非常に大変です。
精密機器は振動に弱い物が多く、トラックは重量と高さがありますので、乗用車では何ともない道路でも、トラックでは大きな揺れを起こします。

ですからプロのドライバーになると、道路の形状に非常に神経を使いながら運転をします。
時間厳守でもあり、積み荷の荷崩れが起きれば、フリーランスならば自分の責任、
企業のドライバーならば、自己と会社の責任となります。

そして顧客先からの信頼も失う形となります。時間は守らなければならない上、慎重な運転を必要とします。

よく、左車線をゆっくりと走っているトラックを見かけますが、大半の場合は積み荷である製品のために安全運転をしています。極端な例では、顧客先に向かう時に事故があり、トラックがもしキズが付いたりしても、製品が何ともなければ、そちらを優先します。

ドライバーは、「ただ運転していれば良い。」というお仕事では無く、非常に高い技術と集中力、そして経験を必要とします。