製造業界 シフト制のメリット、デメリット。

製造業界 シフト制のメリット、デメリット。

製造業界では、正社員の他、「パート」と区分される方々が活躍されています。
パート業務の多くは、「シフト制」という形を取っております。

シフト制と言うのは、Aさんは今週の土曜日休みで、Bさんは出勤。
来週の土曜日はBさんは休みでAさんは出勤。

等のように、労働する時間帯や曜日が変則的に移行する事です。
それを「シフト制業務」と呼称します。

先に述べました通り、シフト制は大抵の場合パートと呼ばれる人達の事です。
製造業界もパートさんのお陰で成り立っている企業が多いです。

特に中小企業等でライン業を主に行う所は社員一人に対し、何人ものパートさんを
抱えています。

シフト制のメリットについて考えてみます。

1・先に決めておけば休みたい日に休める。
2・自分の都合の良い時間帯に出勤出来る。
3・夜間や早朝は時給が高いので、稼ぎたい人は夜間や早朝にシフトを組めば良い。

デメリットに関してはどうでしょうか。

1・誰かが休んでしまった時、代わりに出勤しなければならない時がある。
2・どうしても休みを取りたい日に、他の人が出勤してくれなければ、休みが取れない。
3・メリットの逆で都合の良い時間帯に出勤出来ない。
4・シフトの事で他のパートさんと揉める。

等が挙げられます。
特に「誰かが休んでしまった。」この場合は、社員が埋め合わせを出来なければ、
まず間違いなく誰かがその分を補わなければなりません。

シフト制の良い面、悪い面。非常に難しい所です。