3次元CADは

2次元CADは製品形状を投影図として平面上に表すのに対し、3次元CADは製品形状を立体的に表す方式です。2次元の図のラインを立てたり回転させたりして立体のデータを作成することができますが、3次元データから2次元データ作成は難しい作業になります。3次元CADは立体形状のため、回転させていろいろな方向から見ることができます。手書きの図面や2次元CADで描かれた平面上の図面は、設計者や製造者しか分からないことが多いですが、3次元CADのモデルは全ての人が分かり良く扱うことができます。物作りの現場には3次元のCAM化も進み3次元CADは無くてはならないものになっております。

3次元データによるモノづくり

製作データを三次元化すれば、意匠設計で使用したデータを構想設計・詳細設計・機構設計等に利用し、さらに様々な解析やシミュレーション・試作・製作・評価まで一貫して流す設計手法を行なうことができます。
CAD/CAM/CAE/CATシステムの新しいモノづくりが普及しました。設計・製造・検査などの一連のプロセスでさらなる効率を図るために、リバースエンジニアリング技術で得られた、意匠モデルや試作品の形状データが活用いただけます。

サンプル事例

意匠設計データを元に製作された意匠モデルなどは手修正が多く入ります。手修正されたモデルは元のCADデータと変わってしまいます。そのため修正した現物モデルを三次元計測とリバースエンジニアリングにより3D-CADデータ化し、再びCAD/CAM/CAE/CATシステムに戻すことができます。