光学式3D計測|計測からリバースモデル作成

三次元計測非接触式

現物・実物 ⇒ 非接触式三次元計測 ⇒ 三次元CAD作成

非接触式3D測機 <Solutionix製>

 

CCDカメラ搭載の光学式計測システム

①光学式カメラのセンサーヘッドに左右2個のCCDカメラ搭載

②カメラの中間にあるプロジェクションユニットから構成。

③対象物にプロジェクタランプと移動スライド、異なるパターンを投影。

④左右の2台のCCDカメラが変化するフリンジパターンを連続撮影。
⑤アルゴリズムにより対象物の正確な三次元座標点を採集。

 

分割計測データを三次元合成

①対象の計測物にリファレンスポイントを周囲に装着。
②リファレンスポイントをシステムが自動的に特徴を認識。

③エリヤ内重なり合う部分の共通リファレンスポイント基に自動合成

④分割計測により大きな対象物から複雑な物まで幅広く対応が可能

⑤フリンジパターン照射フェーズシフト2台カメラステレオ法等を利用。

 

■CCDイメージセンサーCharge Coupled Device Image Sensor)

  固体撮像素子、光学式カメラに使用されている半導体素子です。

 

■対象物から発した光を、光学系によって撮像素子の受光平面に

 結像させ、光による明暗を電荷の量に光電変換し、電気信号に変換

 

 

 

   2台のCCDカメラ     パターンを投影   パターンを連続撮影

 

 

 2台のカメラの中央に取付けてあるプロジェクションユニットからの

 パターンを投影を連続撮影して、形状データを採取します。 

 

 

 

 

  リファレンスポイント    共通ポイント合成    三次元データ

 

 

 ソフトウェアの演算処理などで3D形状に合成します。

  

ATOS非接触式3次元スキャナ

ステレオカメラ方式によりATOS Corelはセンサの位置情報や動きをモニタリングしており、正確な測定にとって問題となるキャリブレーション状態の変化と対象物の振動までもチェックします。ATOSシストムにより高い信頼性と正確な測定データの取得を得ることができます。 

 

<ATOS Core80 装置仕様>

測定範囲 80×60mm  測定距離 170mm 点間距離 0.03mm 画素数 500万画素 焦点深度 60mm
    

<ATOS Core300 装置仕様>

測定範囲 300×230mm  測定距離 440mm 点間距離 0.12mm 画素数 500万画素 焦点深度 60mm


ブルライトLEDのプロジェクション 周囲の環境光の影響を受けることなく、正確な測定データを提供します。

<参考事例> 精密な機械部品          リブの多い製品         精密プラスチック部品         ペットボトルのキャップ 


 

Rexcan ツインカメラ式高精度スキャナ

Rexcan装置仕様>

機種名 Rexcan Ⅲ  スキャン範囲 75㎜~587㎜  カメラ解像度 2Mega Pixel  1.628×1.236 (diagonal)

精度  0.04~0.29 カメラアングル 25度、10度 対象物との距離  490㎜×112㎜×140㎜ 

 

方式  ツインカメラ方式(パタ-ン投影) 2台のカメラでスキャンレンズ ワークサイズによりレンズを交換、常にベスト状態でスキャン

測定データ処理ソフトウェア RapidfomXOR Rapidfom2006 CopyCAD

    

    測定方式:三角測量 パターン投影方式
    本体寸法:490×112×140mm(W.D.H)

撮像画素数:80万画素、140万画素、200万画素、500万画素
測定距離:420mm,650mm,880mm,1340mm
測定範囲:○RexcanIII-0.8magaの場合


    最小スキャンXxYxZ方向:36X27X20mm(点間ピッチ:0.04mm)
最大スキャンXxYxZ方向:437.6X328.2X460mm(点間ピッチ:0.43mm)
      

最小スキャンXxYxZ方向:52.8X39.6X20mm(点間ピッチ:0.04mm)
最大スキャンXxYxZ方向:648X486X460mm(点間ピッチ:0.48mm)


最小スキャンXxYxZ方向:60X45X20mm(点間ピッチ:0.04mm)
最大スキャンXxYxZ方向:730X547.5X460mm(点間ピッチ:0.45mm)

最小スキャンXxYxZ方向:72X54X20mm(点間ピッチ:0.03mm)
最大スキャンXxYxZ方向:875.2X656.4X460mm(点間ピッチ:0.36mm)


出力インターフェース:USB2.0/IEEE1394
データ出力:STL(バイナリ),ASCII(点群)
 

 

開発段階のCADシステム、試作段階の三次元造形システム、製造段階のCAMシステムなど、コンピュータを利用した

開発・生産に、アナログからデジタルへの架け橋として製造全プロセスに反映できます。