幾何学的なオブジェクトを非接触式三次元計測とリバースエンジニアリングで3次元CAD化します。

三次元計測三次元CAD

現物・実物 ⇒ 非接触式三次元計測 ⇒ 三次元CAD作成

非接触式三次元計測機の利用

3次元CAD

手づくりモデルや人間の感性りより造形したモデルは、自由曲面が多く、忠実に再現することが難しい。またエッジが少なく、滑らかな曲面で構成されている自由曲面のモデルの場合は、特徴な輪郭線がないため従来のCADモデリングでは作業時間が長くかかります。これらのモデルを非接触式の三次元計測と三次元曲面ソフトウェアにより、計測で得られたX,Y,Z,の座標点からリバースエンジニアリング技術で、サーフェスモデル及びソリッドモデルを作成することができます。

 

プロセス

①プロジェクタランプと移動スライド縞模様異なるパターンを対象物に投影
②左右の2個のCCDカメラが変化する縞模様を正確に連続計測

③計測イメージからソフトウェアで対象物の正確な座標値の点群を取得

④計測される各エリアの計測座標値の点群を合成し全体の3D形状生成

⑤三次元曲面ソフトウェアによりサーフェスモデル及びソリッドモデルを作成

 

事例

ゲーム機のレバー   航空機部品    ペットボトル         瓶

 

 バルブの鋳型    ハウジング      ハウジング      ハウジング

 

  スクリュー       プロペラ      タービン翼       ギア

 

ATOS非接触光学式デジタイジング

 

・計測する対象物に触れることなく表面状態と形状をポイントデータやポリゴンメッシュとして精密に表現して3D-CADのデータ化。

・複雑で繊細な対象物を細かく精密に3次元デジタイジングすることが可能です。デザイン・製品試作検査、製品開発に最適です。

・自動車部品、電気部品、鋳造品、鍛造品、射出成型製品、タービンブレード、プレス製品、金型などのリバースエンジニアリング。


・ATOSの工業向けのハイエンド非接触光学式3次元デジタイタイザーを利用したリバースモデル作成  
<詳細ページ>


   

 

 

X線CTスキャン(産業用

 

・測定の対象物にX線を放射、被検 査物 を透過、X線 検 出器 に入 射。入 射 したX線 は光に変 換 。変化 した電 気信号で計測。

 

・対象物を透過したX線量は被検査物のX線吸収率に応じて変化する。電 気信号変化を利用して全体の形状データを採取します。

・対象物の素材、サイズ、用途でX線発生装置を選択します。X線発生装置のスペック 225kV出力  450kV出力  600kV出力。 

・X線CTスキャンデータからCAD作成。リバースエンジニアリングモデルデータ出力形式、IGES X_B X_T STEP。<詳細ページ>

  

非破壊で内部の形状を採取 ⇒ 採取した3DのポイントデータからCADモデリング ⇒ CADデータ出力