プローグの連続接触で計測|計測からリバースモデル作成

三次元計測計測

現物・実物 ⇒ 接触式三次元計測 ⇒ 三次元CAD作成

接触式三次元計測機 <RENISHAW製>

トータル3Dデジタイジングシステム

■計測範囲 X軸600㎜ Y軸500㎜ Z軸400㎜

■最小表示量0.005㎜ 精度50μ以内

■測長方式 反射形リニアエンコーダ 空気圧によりXYZ連続スキャン

■三次元曲面生成システム 座標値ポイントの点群処理、点群編集機能
■自由曲線のNURBS曲線出力プログラム、実面データへ変換

 

分割計測データを三次元合成

①対象物の基準点設定 X軸、Y軸、Z軸、水平、平行、出力原点等の設定
②プロファイル 対象物の計測エリアを2次元で定義

③プロファイルのエリア別に計測、三次元曲面生成システムより合成

④座標値ポイントの点群処理、点群編集機能、ノイズ処理、データ処理

⑤リバースエンジニアリングの専用ソフトウェアでリバースモデル作成

 

現在接触式は使用しておりません。
三次元計測は全て非接触式3次元デジタイザーを使用しております。

 

 

       デジタイジングシステム          プローグの接触移動

   

 

   基準点等の設定     デジタイジング         送りピッチ