ドアミラーの三次元計測から三次元CAD作成|3DCADモデリング

三次元計測ドアーミラー|3次元計測から3DCAD作成例

ドアミラー3次元計測3DCAD作成の事例

 現物を3次元計測・3Dデータ

 3次元計測3次元CAD化の目的

 バックミラは、自動車外部に取り付けられ後方の交通状況を確認するミラーであり、フェンダーミラーとドアミラー の2種類に大別されています。カメラ内蔵型ドアミラーの設計に実物の自動車サイドミラーを3次元計測で形状デ ータを取得して、3次元CAD設計にフィードバックします。

 ■ドアミラーに内臓する電子機器の設計に利用。  クリック⇒「機構部品とは」

 ■3次元計測から3次元CADを作成、カバー内のスペースの確認。

 <三次元計測で製品形状データを取得>

 ドアーミラーカバー、ドアーミラLED装着、ドアミラーのカメラ内蔵型、メッキミラーカバー 車種別トラック用等の 現物を三次元計測でデジタル化します。

 計測ポイントデータ(点群)

 3次元計測3次元CAD作成の内容

 ■ドアミラーの形状を、3次元計測で点群(座標値)データを取得します。

 ■点群データからポリゴン面を作成(ポリゴン面は3Dプリンター等で利用可能です)

 ■点群データ、ポリゴンデータを参照してCAD面を作成します。

 三次元計測と三次元CADで、日本のモノづくり技術の伝承をお手伝いします。

 計測データからCAD作成

 3次元CADの出力データ形式

 ■ソリッド  Parasolid (x_t) Solid Works (prt sldrt) その他。

 ■サーフェス  IGES (igs) STEP (stp)  ASC (asc) ASIC(sat) その他

 ■ポリゴン STL (stl) OBJ(モデラ-ツ-ル) 光造形用データ 3Dプリンター用データ

 ■ポイント IGES (igs) STEP (stp)  ASC (asc) その他

 三次元計測から三次元CADのデータは御使用のCADに合わせて提供します。

 

    フェンダーミラー

 ドアーミラーについて

 ■運転者が後方及び後側方を確認するためのバックミラー、法令用語は「後写鏡」。

 ■車外前席ドアに装着されるもの、左右1対で装着されている。法令用語は「車体外後写鏡」。

 ■ドアミラーは本来、外国製の輸入車にしか装着されていなかった。(日本車は殆どフェンダーミラー)

 ■八三年運輸省通達からドアへのミラー取り付け基準が作られた。九割以上の国産車がドアミラー車となる。