三次元計測と三次元CADで自動車部品の現物からCAD作成|3次元計測から3DCAD作成

三次元計測自動車部品|3次元計測から3DCAD作成例

自動車部品3次元計測3DCAD作成の事例

 ハブ部品の現物

3次元計測3次元CAD化の目的

自動車を安全と快適に走行させるための研究、自動車部品の構造変化の対応、環境問題への対応などさまざまな諸問題を解決するためにコンピュータ上での構造解析が必要になっています。

製品の形状検査、完成品と元のCADデータの誤差検証(インスペクション)

スキャンデータと元CADデータの位置を合せます。解析ソフトウェアーで形状データが利用できます。

<三次元計測で製品形状データを取得>

ハブユニット、ハブジョイント、ハブユニット軸受、自動車駆動等の現物を三次元計測でデジタル化します。

 

 ハブ部品(点群)

 ハブ部品のCAD作成

 

     各種自動車部品

 自動車部品

■バンバー、ネジ、鉄板、照明、タイヤ、フロント ガラス、シート、ベルトなど約3万点以上。

エンジンからの排出ガスを浄化し、消音して後方から排出する役割する排気系部品。

タイヤとボデーの間に組みこまれ路面からの振動衝撃をに伝えないサスペンション部品。

自動車の骨格を形成する部品で、自動車の走行性能と衝突安全を支えるボデー部品。

エンジン動力を駆動出力へ伝達する重要な車両部品のプロペラシャフト部品など。