車両部品の現物からCAD作成|3次元計測から3DCAD作成

三次元計測車両部品|3次元計測から3DCAD作成例

自動車両部品の3次元計測3DCAD作成の事例

 ハブ部品の現物

3次元計測3次元CAD化の目的

自動車車両の安全性や乗り心地の研究開発、成形技術を駆使した車両部品、ダイキャスト、鋳造 溶接治具などの構造解析。 環境やバリアフリーデザインの開発。

工業製品、鋳造部品の構造解析、断面構解析、 歪み解析に利用。

スキャンデータと元CADデータの位置を合せます。御使用のCADで検証可能

 

<三次元計測で製品形状データを取得>

車両部品各種、ブレーキ部品、特装車両部品、内装部品等の現物を三次元計測でデジタル化します。 

 ハブ部品(点群)

 ハブ部品のCAD作成

     各種自動車部品

 車体部品

自動車の車体の 骨格となる部品。衝突時の衝撃を受け止め、車体の変形を防止。

多数の車体部品は自動車ボディの骨格をなす主要部品の1つ。

高深絞り加工や曲げ加工技術で、多数の構成部品のプレス製品を生産される。

乗員の安全性、自動車の強度、高剛性、安全性の確保と軽量化の技術革新。

ドアーパネル、ルーフパネル、ボディサイドパネル、フェンダーパネル、ボンネットパネル等。