溶融金属を加圧注入して凝固させたダイカストハウジングの現物から3D-CADデータ作成

三次元計測ダイカストハウジング|3次元計測から3DCAD作成例

ダイカストハウジング3次元計測3DCAD作成の事例

 ダイカストの現物

3次元計測3次元CAD化の目的

自動車に搭載される電装品の増加に伴い、搭載スペースの確保が課題となります。そのため電装部品の設計において、ハウジング内スペース確認が必要になります。

電気機器、電装装置の外形ハウジング形状をCAD化、干渉チェック、構造解析等に利用。

スキャンデータと元CADデータの位置を合せます。御使用のCADで検証可能

<三次元計測で製品形状データを取得>

ジョイントボックス、コネクタ、電子・光部品、車載用電子、アセンブリ、超高耐久性 、 安全性や利便・快適性の向上研究、開発、電機機器のアウジング、自動車電装のハウジング等の現物を三次元計測でデジタル化します。

 ダイカスト(点群)

 ダイカストのCAD作成

    ダイカストハウジング

 ダイカスト

特殊鋼できた精度の高い金型に溶融金属を高圧で注入し迅速に凝固させ取り出す鋳造方法。

寸法精度が高く、強度に優れ、外観が美しく機械加工も少なく済むという優れた特長を持っている。

短時間で高精度で鋳肌の優れた鋳物を、ひとつの金型で大量鋳造生産できる。

他の鋳造法よりも薄肉にすることができ、プラスチック製品より強度が強い。

寸法精度が高いため、切削加工が少なく済む。 表面処理、めっき、塗装が容易。