三次元測定,三次元計測で電装部品のハウジングからCAD作成|3D測定・3D計測・3Dスキャニングデータ作成

三次元測定測定機・計測機

電装部品のハウジングCAD化事例

CAD化の目的

■電装部品のハウジング形状をCAD化、干渉チェック、構造解析等に利用。

■スキャンデータと元CADデータの位置を合せます。御使用のCADで検証可能

<開発・設計・解析>

電機機器のアウジング・自動車電装のハウジング 

3Dスキャン ⇒ CAD作成

■電装部品のハウジングを3Dスキャン、ポイントデータを取得します。

■ポイントデータからポリゴン面を作成(ポリゴン面は光造形等で利用可能です)

■ポリゴン面を参照してCADモデリングします。(サーフェス・ソリッドを作成)

 

出力のファイル形式

■ソリッド  Parasolid (x_t) Solid Works (prt sldrt) その他。

■サーフェス  IGES (igs) STEP (stp)  ASC (asc) ASIC(sat) その他

■ポリゴン STL (stl)  ■ポイント IGES (igs) STEP (stp)  ASC (asc) その他