三次元計測、三次元CADで機械部品のCAD作成|3次元計測から3DCAD作成

三次元計測機械部品

機械部品の3次元計測3DCAD作成の事例

 機械部品の現物

 3次元計測3次元CAD化の目的

 プラスチッキ加工機械、紙加工機械、食品加工機械等、カストマイズの機械の特殊部品の形状を3次元CADデ ータにして保存し、破損などのトラブル回避

 ■手作り部品や調達困難な部品、破損した部品をCAD化 ⇒ CAD修正 ⇒ 製作

 ■故障、破損時の危機管理用、予備備品の製作等に利用。

 <三次元計測で製品形状データを取得>

 調達が困難な海外部品、製造中止の特殊機械部品、産業機械部品、建設機械部品、特殊作業機、製紙機械、 食品機械等の現物を三次元計測でデジタル化します。

 機械部品(点群)

 

 機械部品のCAD作成

 

 

     電気機器部品

 機械部品

 ■機械の機構、器具の一部分を成している品。機械を構成する最小の機能単位。

 ■国際標準化機構の国際標準規格や日本工業規格等の国家規格の規定が多い。

 ■国際標準規格はISO。日本工業規格はJIS。

 ■締結要素・・・機械を構成する各部品をつないだり,止めたりする要素。

 動力伝達要素・・・動力,運動を伝達する。回転運動を伝達する回転軸など。

 ■液体伝達要素素・・・液体の圧力を計算する為の要素。

 密封要素・・・ガスケットシールや注入、注射、留置装置などの分野において活用。

 ■軸受案内要素・・・機械部分に沿ってすべらせ,特定の方向に導く棒やみぞなど。

 制御要素・・・コントローラなど制御系を構成する要素。