三次元計測、三次元CADで重機部品のCAD作成|3次元計測から3DCAD作成

三次元計測機械部品

重機部品の3次元計測3DCAD作成の事例

 建機部品の現物

 3次元計測3次元CAD化の目的

 建設機械部品、産業機械部品、工作機械部品、運搬機械部品、焼結機械部品、精密機械部品、窯業機械部品

 木工機械部品、輸入機械部品、などの特殊部品のデータを取得し補充用で製作するためのデータベース。

 手作り部品のデータ化、ストック部品の作成、保守部品、予備備品の製作、故障、破損時の危機管理用製作

 設計、構造解析、製品の形状検査、製品のデータベース等にも利用できます。

 <三次元計測で製品形状データを取得>

 重械部品の現物を三次元計測でデジタル化します。

 建機部品(点群)

 

   建機部品のCAD作成

 

 

      建機部品

 建機

 ■土木・建築作業工事で人力で施工することが困難な作業を行う建設機械。

 ■動力を用い 、かつ不特定の場所で自走できるもの。労働安全衛生法施行令の定め。

 ■建機はショベルカーや荒れた地形などの不整地を走行することのできるクレーン車など

 ■ブーム・・・人間の腕のような役割で物を持ち上げるときの基本となる部分。

 ■ジブ・・・ブームを延長するもの。角度を変えて作業することもできる。