三次元計測、三次元CADで蒸気タービンの形状のCAD作成|3次元計測から3DCAD作成

三次元計測蒸気タービン

タービン翼3次元計測3DCAD作成の事例

 タービン翼の現物

 3次元計測3次元CAD化の目的

 タービンは、運動エネルギーを効率良く回転運動のエネルギー変え、機械的エネルギーに変換する流体機械を いいます。タービンの羽根折損の予測、高効率タービンの研究開発などに利用

 発電所設備のプラント、熱効率向上の研究発、電プラントで用いられる蒸気タービン振動解析等。

 動・静翼を一体化の3次元流体解析. 性能評価試験、破損時の予備備品の製作 

 <三次元計測で製品形状データを取得>

 エアータービン 、衝動タ-ビン斜流タービン、衝動タ-ビン斜流タービン、ガスタービン、蒸気タービン、水力ター ビン、風力タービン等の現物を三次元計測でデジタル化します。

 タービン翼(点群)

 

 タービン翼のCAD作成

 

 

      タービン部品

 蒸気タービン

 ■気体の蒸気がもつ活動源で羽根車と軸を介して回転運動へ変換する外燃機関。

 ■蒸気タービンで発電の火力発電所や原子力発電所等大型の蒸気機関使われる。

 ■タービンブレード・・・航空力学や重心位置の最適化考慮し設計の金属合金鋳造品。

 ■タービン翼・・・静翼から流入する高速の蒸気流れを 受けて回転して動力を生じる。

 ■外燃機関・・・燃焼ガスを直接作動流体として用いない熱エネルギーの熱機関。