三次元計測と三次元CADで工業デザインモデルの現物からCAD作成

三次元計測工業デザインモデル

工業デザインモデル3次元計測3DCAD作成の事例

 工業モデルの現物

 3次元計測3次元CAD化の目的

 工業デザインモデルは、新製品を量産する前に、実装やデザインのチェックの為に作る試作品の事で、 ・意匠 確認用、カタログ撮影用などにも用いられます。手修正された工業モデルを3次元計測で形状データを取得し、 計測データからCADデータを作成、CADデータから量産用金型を製作へ。

 デザインモデル、モッアップモデルの修正された形状データ取得。

 デザイン開発、検討で完成したモッアップモデルをCAD化、生産体制へ。

 <三次元計測で製品形状データを取得>

 工業製品のワーキングモデル、マスタモデル、造型機によるモッアップモデル、成型用モッアップモデル、展示 モッアップモデル、原型、試作等の現物を三次元計測でデジタル化します。

 工業モデル(点群)

 

 工業モデルのCAD作成

 

      工業モデル

 工業デザインモデル

 ■自動車をはじめとする工業製品の製造に欠かせないデザインモデル。

 ■製品として世の中に出回る前に製作されるデザインモデル・モックアップ。

 ■製品の今後を決める非常に重要なモデル作り、高度な技術と経験が必要です。

 ■デザインの優劣が製品の売り上げさえ左右する。意匠形状インダストリアルデザイ。

 ■コンピューターを使ったCG技法で立体的に表現し材料を加工してデザインモデル作成。

 ■製品デザイン、生活雑貨デザイン家具デザイン、玩具デザインなどのモデル。