三次元計測と三次元CADでゴム製品の現物からCAD作成

三次元計測ゴム製品

ゴム製品3次元計測3DCAD作成の事例

 ゴム製品の現物

 3次元計測3次元CAD化の目的

 工業用ゴム生産で、図面もCADデータもない場合、現物の製品から3DCADデータを作成します。

 図面やCADデータのない金型製作、金型の増産。

 既製品からの型作成。

 成型品と元のCADデータとの比較、誤差の検証、インスペクション。

 <三次元計測で製品形状データを取得>

 精密ゴム部品、自動車関連ゴム部品、電気関連ゴム部品、保安部品、防振ゴム、緩衝ゴム、金属とゴムを融合 した部品等の現物を三次元計測でデジタル化します。

 ゴム製品(点群)

 

 ゴム製品のCAD作成

 

 

      工業用ゴム部品

 工業用ゴム製品

 ■工業用ゴムは機械、車両、電化製品などに使用されているゴム部品。

 ■プレス成型=配合ゴムを金型に入れ、プレスにて加硫と成型を行います。。

 ■射出成型品=配合ゴムをフィールドから投入し圧搾加熱して金型に注入成形。

 ■押出成型品=シリンダー内スクリューを回転し配合ゴムを連続的に口金から押す。

 ■加工品=トムソン型による抜き加工、ウォータージェットによるゴム加工。

 ■工業品. 産業機器・建設機械・工作機械における各種ゴム。