三次元計測と三次元CADで木型の現物からCAD作成

 

三次元計測木型モデル

木型、製品モデル3次元計測3DCAD作成の事例

 製品モデルの現物

 3次元計測3次元CAD化の目的

 木型は木製の製品模型いいます。木材は加工しやすく価格も安いので模型とし昔から多く使われています。主 に鋳型をつくるに用いります。

 職人が作成した手作りの木型を3次元計測 ⇒ CAD/CAMデータを作成、データベース化。

 アナログの木型を3次元計測でデジタルのデータに変えます。

 <三次元計測で製品形状データを取得>

 玩具の原型・製品の外観の検討や機能の確認のためにつくられる原型等の現物を三次元計測でデジタル化し ます。鋳造用木型、菓子木型等のCAD化。

 製品モデル(点群)

 

 製品モデルのCAD作成

 

 

  工作機械ベッド型、発泡スチロール型、鋳物ライン台車定盤型、シャフト軸受型、鋳造用木型、電鋳用木型、鋳造用試作木型、

  木型原型、樹脂用木型・樹脂型(FRP型用木型・ ウレタン注型用木型、等の木型実物から3D-CADモデリング。