" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"> 装飾金型|3次元計測から3DCAD作成例

三次元計測と三次元CADで装飾金具の現物からCAD作成

三次元計測計測

服飾金具3次元計測3DCAD作成の事例

 服飾金具の現物

 3次元計測3次元CAD化の目的

 熟練者により手作業で作られている装飾金具の形状は,花模様を中心にデザインされた複雑な模様が多く、

 製造工程は,原盤,母型作成,電気鋳造,製品切取加工,仕上げ処理のプロセスで作られています。
 これらの伝統工芸品のように手作りされた製品の形状を3次元計測し、3次元CAD化します。

 CAD化により製造工程の一部を自動化できる可能性を生み,また,CADデータに変換できれば,デザインの変 更修正等が容易に行え,さらに光造形システム等が利用可能となり試作等が容易に行える。新製品開発までの 工程が改善または短縮されるます。

 金銅製服飾金具、バックル、釦、ペンダント、アクセサリー、ジュエリー現物を三次元計測でデジタル化します。

 服飾金具(点群)

 

 服飾金具のCAD作成